傘の修理について

当店でお求めの傘が故障した場合、修理を承ります。

修理箇所によってすぐに直せるもの、製造メーカーに送るものに分かれます。骨が折れている場合など大半は後者です、これは傘パーツの規格が商品によって千差万別で、修理用のパーツをストックした製造メーカーでないと修理が難しいためです。このようにご購入店が仲立ちして製造元が修繕するというのが昔からの傘業界のルール、当店でも残念ながら他店品の修理持ち込みはお断りさせていただいております。

しかしながら大きな故障ではないケース、例えば骨の先端のキャップ(露先)の取り付けくらいならば似たものを探してつけて差し上げることもできるかと思います。その他、糸仕事なら多少お力になれるかもしれません。

また経年により規格が変わりパーツの供給が終わってしまった傘(製造からおおよそ10年以上経過したもの)は修理のご希望に沿えない場合もございます。一度傘を拝見すれば修理の可否と概算をお伝えできますので、当店でご購入の傘でお困りの際はどうぞご遠慮なくお申し付けください。

fukuma

 

< archive